ANA A380 フライングホヌ ホノルル行き 初便エコノミークラス搭乗記 その3





ベルト着用サインが消え、しばらくすると紙おしぼりが配られました。

エコノミークラスはほぼ満席。

初便という事とほぼ満席ということで、機内食の提供がスムーズにいくか心配です。

ギャレーでは、今までの機材ではあまり見ないほど、CAさんが忙しく準備をされています。

私の座席は、エコノミークラスの一番前ということもあり、機内食のサービスも1番最初でした。

機内食が提供されたのが、離陸してからちょうど1時間後です。

メインは、ポークシュニッツェル

billsで長年愛され続けるメニューである、シュニッツェルを特別にアレンジして提供。

パセリとケッパーを加えて、バターとローストレモンを添えることで、シンプルなシュニッツェルをより豊かなフレーバーで楽しめます。

「味噌でマリネした茄子のソテー、ケールとレタス、トマト、豆腐のサラダ」

「ジャスミンティースモークサーモン、胡瓜のピクルスと枝豆のサラダ」

ヘルシーかつライトなサイドディッシュです。

デザートは、ハーゲンダッツ

私が食事を終え、機内後方に行くと機内食の提供がまだされていました。

この時間で、私が機内食を食べ始めてから、約1時間以上経過しています。

ホノルル便がほぼ深夜便になることを考えると、さすがに22時ぐらいまで機内食の提供を待つのは辛いのではないでしょうか?

この辺り、オペレーションの改善が必要と感じました。

ハワイ時間の6時30分。

到着まであと2時間の距離で機内が明るくなりました。

そして、軽食の提供

ハワイらしいイメージの袋に入って提供されます。

軽食の内容は、キャラメルポップコーンとケーキ

オアフ島が見えてきました。

ANAのA380 フライングホヌの記念すべき到着の瞬間を動画でご覧ください。

定刻より早くスポットイン

A380初便の記念すべきドアオープンの模様を、動画でご覧ください。

降機の際には、機内をレインボーカラーに。

ハワイでは虹が幸福の象徴であるという説明がチーフパーサーからなされます。

ダニエル・K・イノウエ空港に駐機するA380

機内食や機内販売において多少のオペレーションの不備はあったものの、非常に快適で素晴らしいA380初便の搭乗でした。





関連記事

おすすめ記事

  1. JALの2021年9月の国内線ファーストクラスの機内食は、「皆美館 佐藤治秀氏」プロデュー…
  2. JALの2021年8月の国内線ファーストクラスの機内食は、「十勝ヒルズ ファームレストラン…
  3. ANAは26日、A380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を利用した「レス…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る