デルタ航空 機内食サービスを刷新 充実のエコノミー機内食!






デルタ航空は、11月5日よりメインキャビン(エコノミークラス)のサービスを一新、特に機内食サービスの充実が目をひく内容となっています




エコノミークラスでは非常に珍しく、ウェルカムドリンクのサービスとして、桃のピューレで作られたイタリアのカクテル「ペリーニ」もしくは、スパークリングワインが提供されることに。


また特筆すべき点として、エコノミークラスで前菜が2種類から、メインが3種類から選択できるという、エコノミークラスでは驚きの内容となっています。

上記は、ペンネパスタ(トマトバジルソース、ケールのソティとパルメザンチーズ)


豚カツ丼


鶏胸肉のソティ

世界でも、エコノミークラスでこれだけの選択肢がある会社は、デルタ航空が初めて


こちらは、エコノミークラスでチョイス可能な、前菜2種類

通常の機内食独特のプレートではなく、SNS映えするような黒いお洒落なプレートで提供されるなど、エコノミークラスの充実度が今回、非常に目をひきました。

また、提供されるアルコールも、赤、白ワイン、ビール、日本酒などをいはじめ、スパークリングワインも。

スパークリンワインは、プレミアムエコノミーからの提供が多い航空会社の中、エコノミーでの提供は非常に珍しいと言えます。


こちらは、プレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」の和食

通常、プレミアムエコノミーは、エコノミーと同じ機内食の事が多いのですが、デルタではプレミアムエコノミー専用の機内食を用意。

食器類は、ビジネスクラスと同じ食器を使用し、高級感を演出しています


ちなみに食器は、全てアレッシイ製で統一。


機内食に使用されるお米は、京都の八代目儀兵衛のブレンド米「GIHEY PREMIUM RICE」を使用し、クオリティーもアップしています。


プレミアムエコノミーの洋食


「デルタ・ワン」と呼ばれるビジネスクラスの和食の機内食

機内食の監修は、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーとすべて、大阪・豊中にあるミシェラン2つ星「一汁二菜うえの」の上野法男シェフが監修


上野シェフが、料理の味が混ざるのを避けるために、前菜はこのように小さな小鉢で提供することにしたとのこと。

これだけの小さな小鉢が並ぶと、女性にはSNS映えするとして人気を博しています


ビジネスクラスの洋食の前菜


キングサーモン


鶏モモ肉のマッシュルームとモッツアレラチーズをのせたオーブン焼き


牛フィレ肉のグリル


食後のデザートとして、チーズのラインナップも豊富


ぶどうは、デザートとしても良いし、デザートワインと共にいただくのも。


ワインのセレクトは、3か月に1度変更されています


デルタ航空の機内食、ここまで良く一新されるとは、著者自身大変な驚きであり、また機内食の味も素晴らしい味でした。

関連記事

おすすめ記事

  1. JAL系のLCCである、国際線中長距離LCCのZIPAIRが18日、成田空港の格納庫で初号…
  2. ANAは12月7日~8日の2日間、10月に投票を募集した機内食総選挙2019の機内食の試食…
  3. デルタ航空は、11月5日よりメインキャビン(エコノミークラス)のサービスを一新、特に機内食…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る