世界初のコオロギ入りの機内食 ZIP AIRが提供へ 実食をして衝撃の美味しさ







ZIP AIRは2022年7月1日より、徳島のグリラス社の開発した「グリラスパウダー」を使用した新しい機内食メニュー、「トマトチリバーガー」と「ペスカトーレ」の販売を開始。


5日、報道陣を集めての試食会が行われました。


上記は、トマトチリバーガー。




今回の機内食の開発にあたった左からグリラス社の渡邉崇人社長、ZIPAIRの西田真吾社長、ジャルロイヤルケータリングの増田恵太シェフ、小田卓也社長。




食品ロスを餌として飼育生産された国産食用フタホシコオロギ。


このコオロギのみを試食させてもらいましたが、なんとオーマル海老の味そっくりなんです。


想像以外の美味しさに、ビールが欲しくなったほどです。




こちらがそのフタホシコオロギを粉末化した「グリラスパウダー」




フルサービスキャリアのチキンオアビーフではなく、新しい選択肢をもつエアラインとして知られればと語るZIP AIRの西田社長




昆虫は体重を増やすために必要な食料や水の量が牛や他の豚などと比べてはるかに少ない生物の為に、SDGsの観点からも重要な昆虫であり、今後のタンパク質不足を補える代表的な昆虫になると語る、グリラス社の渡邉崇人社長。




コオロギ粉末はトマトベースの料理に1番マッチしたことから、今回の「トマトチリバーガー」と「ペスカトーレ」を開発したと語るジャルロイヤルケータリングの増田恵太シェフ。




こちらが実際に提供される機内食のパッケージになります。





こちらがペスカトーレの機内食。


トマトソースにコオロギの粉末パウダーが入っていますが、パウダー自体が甲殻類の風味がするので、トマトソースとの相性が驚くほど良いのです。


でも、コオロギを食すまではわからなかったのですが、コオロギ自体はオマール海老によく似た味となっていて、非常に濃厚な味がします。


コオロギが入っているという事を知らされていなければ、通常のペスカトーレと遜色のない味となっており、非常に美味しいのが率直な感想です。


今後、ますます世界的に動物性タンパク質の需要が増加する為に、これらの昆虫食というのは世間でも一般的になっていく実感が今回の機内食を試食して感じました。







関連記事

おすすめ記事

  1. ZIP AIRは2022年7月1日より、徳島のグリラス社の開発した「グリラスパウダー」を使…
  2. ANAは24日、テレビアニメ「鬼滅の刃」のキャラクターを描いた特別塗装機の2号機「鬼滅の刃…
  3. JALの2022年3月の国内線ファーストクラスの機内食は、「星のや沖縄 総料理長 政井茂氏…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る