JAL 国際線機内食で「AIR Japanese Soba Noodles 蔦」を提供





JALは、3月からの国際線機内食として、東京のラーメン店とJALとの共同開発した「AIR Japanese Soba Noodles 蔦」を、3月1日から提供すると発表した。

『AIR Japanese Soba Noodles 蔦』は、世界で初めてミシュランガイド一つ星のラーメン店として掲載された「蔦」の代名詞ともいえる香り高いトリュフオイルと鶏油(チーユ)を合わせた特製タレを麺と絡めて食べる「混ぜソバ」スタイルの食事。

「鶏油Soba」は以前、「蔦」において期間限定で提供していた幻のメニューで、JAL機内食のためにアレンジして復活。

機内でしか味わえない「蔦」とのコラボレーションメニュー。

提供は、下記の通り。

■対象クラス:プレミアムエコノミークラス/エコノミークラス
■提供期間:2018年3月1日(木)~5月31日(木)
■対象路線:
成田発:シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、メルボルン行き
羽田発:サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン(JL043便)、パリ行き
関空発:ロサンゼルス行き
※いずれの路線も、到着前の2食目のお食事として提供します。

関連記事

おすすめ記事

  1. デルタ航空は、11月5日よりメインキャビン(エコノミークラス)のサービスを一新、特に機内食…
  2. JALは27日、「DEAN & DELUCA」を展開する株式会社ウェルカム(本社:…
  3. ANAは18日、来月より機内及びラウンジで使用するワインの新たな銘柄を決定し発表を行いまし…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る