エアアジア・ジャパン 中部~新千歳 就航初便 搭乗レポート





エアアジア・ジャパンの記念すべき就航初便に搭乗したレポートをお届けする

ボーディングブリッジを渡っていくと、賑やかな声と共にスタッフがお客様をハイタッチで迎えていた

台風が差し迫る悪天候の中、出発準備を行うエアアジア・ジャパン初便

中部発札幌行きDJ1便は予約時は満席、実際の搭乗客166人を乗せ、午前7時56分にプッシュバック。

離陸と共に機内は拍手で包まれた

前線の影響もあり、シートベルト着用サインが消えるまで、かなりの時間を要した

シートポケットに入っている機内販売のメニュー

同じLCCのピーチが関西色を強めたメニュー開発をしているとの同じく、エアアジア・ジャパンでも名古屋色が出たメニュー構成となっているのも搭乗客には嬉しいところではないだろうか。

最初に飛び込んできたメニューがこの「ナシレマ」

どこのメニューでもそうだが、最初に来るメニューがその会社の自慢であったりオススメする物でることが多い。

そういう意味では、この「ナシレマ」を1番に持ってくるという事は、かなり期待できるのではないだろうか?

名古屋名物のきしめんとカルボナーラをくっつけた、「きしボナーラ」

「飛騨牛コロッケのベーグルバーガー」

「タイ風チキングリーンカレー」

チケット予約時に、事前に機内食をオーダー

実際の機内では、事前予約の搭乗客に先に機内食が配布され、その後に予約されていない方のオーダーを取るというオペレーション

初便で機内で多忙な中、笑顔で明るい接客が心地よい

折角なら名古屋めしという事で、事前予約にて「きしボナーラ」を予約

きしめんとカルボナーラという異色の組み合わせに、味はどうか興味津々であったが、この取り合わせは大いにありだと感じた

率直に言って非常に美味しく、きしめんを食べているという感覚ではないほどだった。

エアアジア・ジャパン搭乗時に、この「きしボナーラ」のチョイスはオススメではないだろうか。

札幌には10分遅れの午前9時35分に到着

途中、気流がかなり悪く、事前予約をしていたにも関わらず、機内食を頂けなかった搭乗客の姿も。

該当者には、クレジットカードを通じて自動的に返金されるというアナウンスがあったが、このあたりのオペレーションは今後の課題だろうか。

新千歳空港到着後、手を振っての機長のお見送りに、搭乗客から嬉しい声が上がっていた

折り返しの中部国際空港(セントレア)行きDJ2便は、38分遅れとなる午前10時38分に出発した。

今後のエアアジア・ジャパンに期待していきたい。

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは12月より、シドニー発便の全クラスにて有名シェフとのコラボメニューを提供すると発表し…
  2. JALは、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日に、国際線機内(一部路線を除く)お…
  3. JAL(日本航空)は、日本発の長距離路線で機内食として、本日からJAL特製「Japanese…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る