エアアジア・ジャパン 中部~新千歳 就航へ





中部国際空港(セントレア)を拠点及び本社を置く初のエアライン、エアアジア・ジャパンが10月29日就航しました。

前エアアジア・ジャパンより紆余曲折を経ての再出発。

本拠地とするセントレアには、早朝5時頃より関係者と搭乗客が集まり始めていました。

自動チェックイン機の操作を手伝うエアアジア・ジャパンスタッフ

DJ1の文字が輝いて見える

マレーシアを拠点とするアジア最大のLCC(格安航空会社)、エアアジアが日本に設立したエアアジア・ジャパン。

楽天、アルペン、ノエビアホールディングスなどの出資も受け設立されたのが2014年、その後に紆余曲折があり就航を迎えた事は関係者にとっては感慨ひとしおだろう。

就航記念セレモニーで挨拶するエアアジア・ジャパン秦修社長

地元愛知県に関連するゆるキャラが集合して、お祝いの雰囲気を盛り上げている

搭乗記念品を受け取り、搭乗が開始された

秦修社長をはじめとするスタッフに見送られ、搭乗客は機内へと向かった。

就航初便のレポートもお届けする。

なお、エアアジア・ジャパンのスケジュールは下記の通りとなっている。

DJ0001 中部(07:35)→札幌(09:25)
DJ0002 札幌(10:00)→中部(12:05)
DJ0009 中部(17:10)→札幌(19:00)
DJ0010 札幌(19:35)→中部(21:40)

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは14日、2020年就航を目指して新たな中長距離国際線専門の格安航空会社(LCC)を設…
  2. 日本の航空会社で初めての採用となるA380を導入するANAが25日、A380型機の機内仕様を…
  3. JALは、3月からの国際線機内食として、東京のラーメン店とJALとの共同開発した「AIR J…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る