エミレーツ航空 日本就航15周年、397万人以上の旅客を輸送へ





 

ek15.jpg

 

 

世界最大級のエアライン、エミレーツ航空が日本就航15周年を迎えました

 

 

 

エミレーツ航空(本社:アラブ首長国連邦・ドバイ、 会長:シェイク・アハメッド・ビン・サイード・アルマクトゥーム殿下、 以下エミレーツ)は、 2017年10月で日本就航15周年を迎えました。 

 

 

 

2002年10月1日に関空-ドバイ線に就航して以来、 397万人以上の旅客を輸送し、 日本とドバイ、 さらには世界をつなぐ架け橋となりました。

 

 

 

エレーツは日本とアラブ首長国連邦(UAE)を結ぶ初の中東拠点の航空会社として、 2002年10月に関空-ドバイ線の運航を開始しました。 

 

 

 

その後、 2010年3月に成田-ドバイ線、 2013年6月に羽田-ドバイ線に就航。 

 

 

 

現在、 関空・羽田・成田の3空港とドバイ間で毎日運航し、 ドバイを拠点に世界150都市以上へネットワークを展開しています。 

 

 

 

2015年6月にはエミレーツ専用ラウンジを成田に開設、 2017年3月からはエアバスA380型機を成田-ドバイ線へ導入、 日本路線を利用するお客様へのサービスをさらに充実させました。 

 

 

 

開幕を2年後に控えたラグビーワールドカップ™2019日本大会では、 オフィシャル・ワールドワイド・パートナーおよび公式エアラインを務めます。 エミレーツは今後も旅行やスポーツ・文化を通じ日本のお客様との緊密な関係を築き、 日本市場に貢献するとのこと。

 

 

エミレーツ日本支社長のニック・リース氏は、「日本はエミレーツにとって重要な市場です。 日本とドバイ間の交流はさらに促進されると見込んでおり、 両地域間、 そして世界を結ぶ航空会社として日本のお客様のご期待に沿えられるよう、 高品質なサービス提供に努めてまいります。 」と語っている。

 

 

今後のエミレーツの動向に注目されます。

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは12月より、シドニー発便の全クラスにて有名シェフとのコラボメニューを提供すると発表し…
  2. JALは、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日に、国際線機内(一部路線を除く)お…
  3. JAL(日本航空)は、日本発の長距離路線で機内食として、本日からJAL特製「Japanese…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る