JAL チャーターDE海外旅行気分を満喫! ~シンガポール~を開催







日本航空とシンガポール政府観光局、ジャルパック、成田国際空港(NAA)5日、コロナ禍でなかなか海外に行くことができない中、シンガポールへの旅を楽しんでもらおうというチャーター遊覧フライト「チャーターDE海外旅行気分を満喫! ~シンガポール~」を開催しました。




12:15分発JAL1965便。


シンガポールが独立した1965年にちなんでJL1965便と設定。




搭乗ゲート前では、模擬の入国審査が設けられ、配られたオリジナルのパスポートに入国スタンプを押してもらうというこだわりも。




この日の為だけのオリジナル入国スタンプに参加者の笑顔も見られました。




ゲート前に設置されたマーライオン前では、多くの方が記念撮影を楽しみ様子も。




シンガポールにちなんだクイズも行われ、参加者は出発から到着までの間に隠されたヒントを参考にしつつ、楽しんでいる様子。




この遊覧チャーターフライトは、約10倍の倍率となり、149人(幼児1名)が搭乗。




国際線仕様のB767-300ER(JA608J)が投入され、午後0時14分にスポットアウト。




チャーターフライトを見送るスタッフ達。




機内では、機内食サービスも実施。


こちらは、この日の為だけに用意されたビジネスクラスの機内食。


JAL関係者によると、このチキンライスの機内食を定期路線に採用する予定はないものの、好評であるならば今後考慮するとのこと。




前菜として、マイルドエビチリ、オクラのパコダ、サンバルカンコン、ウンパイロウ、ボビアチリソース。




チキンスープ(メインの鶏でとった出汁を使用)




メインは、シンガポール名物の海南鶏飯。


醤油ソース/チリソース/生姜ソース/パクチーをお好みに合わせて。




マンゴープリン ココナッツバジルシードクリーム




ソースは、3種類の中からお好きな物を




こちらは、エコノミークラスの機内食。




メインは、海南鶏飯


醤油ソース/チリソース/生姜ソース/パクチーをお好みに合わせて




前菜は、サンバルカンコン、ウンパイロウ、フリルレタス、トマト、キュウリ




デザートは、マンゴープリン




当日の搭乗証明書。


チャーターフライトの飛行ルートは、シンガポールのセントーサ島の形のルートにするなど、こだわりが見られます。





当日のお土産など。


JAL、ジャルパック、NAAの3社は、今後も同じような企画チャーター便を運航予定とのこと。


次回は、台湾便が予定されています。


関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは3月31日、羽田空港に駐機中の機内で機内食を提供する「翼のレストランHANEDA」…
  2. ANAは、国際線機材を用いた「翼のレストラン HANEDA~地上でファースト・ビジネスクラ…
  3. JALの2021年3月の国内線ファーストクラスの機内食は、「お料理 わらうかど。 」大前輝…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る