ANA 国際線の新機内食サービスを導入へ 有料機内食の提供も





ANAは、3月1日より国際線の新機内食サービスを開始することを発表しました。

まずは、和食器を一新することを発表

上記写真は、ファーストクラスの和食の一例

ザ・コノシュアーズメンバーの意見を取り入れ、伝統的な和食器に加え、モダンタイプの食器を新たに導入し、視覚的にも食事を楽しんでいただけるようになります。

ビジネスクラスの和食 一例

開始日:2019年3月1日(金)
対象路線:全路線
対象クラス:ファーストクラス、ビジネスクラス

また、日本発の国際線プレミアムエコノミーとエコノミークラスで、新たに有料機内食メニュー(和食・洋食)を提供することも発表されました。

上記は、洋食の有料機内食。

和食の有料機内食

開始日:2019年4月予約開始予定
対象路線:日本発欧米路線(ホノルル線を除く)
対象クラス:プレミアムエコノミー、エコノミークラス
予約締切:出発の24時間前まで
販売価格:2,500円

ビジネスクラス機内食の事前予約サービスの拡充もあわせて発表されました。

今まではのANAマイレージクラブ会員限定から、ビジネスクラスをご利用のお客様全員へ拡大。

開始日:2019年3月1日(金)ご搭乗分から
対象路線:全路線
対象クラス:ビジネスクラス

対象メニューの拡充も行われます。

<洋食>
事前予約サービスにおいて、洋食はメインディッシュの選択肢が複数ある場合、現行の肉料理に加え、魚料理と野菜料理も選択が可能になります。
対象路線:日本発着欧米路線(ホノルル線を除く)、一部アジア路線*
*タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、インド、ベトナム、ミャンマー、カンボジア路線

<コラボレーションメニュー>
事前予約サービスにおいて、ご搭乗便以外で提供している有名レストランやシェフとのコラボレーションメニューをお選びいただけるようになります。
対象路線:日本発欧米路線(ホノルル線を除く)、一部アジア路線*
*タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、インド路線

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  2. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
  3. JALは23日、東京2020オリンピック開催1年前となるのにあわせて、パイロットや整…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る