ANA A380 フライング・ホヌ 成田で到着セレモニーを実施





ANAが発注していたエアバス社のA380型機の初号機が3月21日、成田空港に到着しました。

午後12時51分に成田国際空港のA滑走路に着陸したA380

空飛ぶウミガメの意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」は、ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席の520座席の4クラス制

スタッフがL2ドアをオープン

タラップに姿を現したANAホールディングスの片野坂真哉代表取締役社長とエアバス・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長、

フェリーフライトを担当したパイロット3名

ANAの片野社長は、「12時間のフライトは機内が静かだった。乗った瞬間からハワイを感じていただける」とコメント

5月24日より週3便で、成田〜ホノルル線に就航します。





関連記事

おすすめ記事

  1. JALは6日、東京~パリ線・ロンドン線が就航60周年を記念して、出発ゲート前で記念セレモニ…
  2. JALの2021年6月の国内線ファーストクラスの機内食は、「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾…
  3. ANAは3月31日、羽田空港に駐機中の機内で機内食を提供する「翼のレストランHANEDA」…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る