ANA ホノルル線でbillsのコラボレーション機内食を提供へ





ANAは、株式会社サニーサイドアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:次原悦子)が運営するシドニー発のオールデイダイニング「bills」とのコラボレーション機内食を、エアバスA380型機「FLYING HONU」が就航を開始する2019年5月24日(金)より、東京発ホノルル線のエコノミークラスにて、提供することを発表しました。

それに先立ち、報道関係者向けの試食会が16日、都内で開催されました。

試食会が開催されたのは、都内のbillsの店舗で

女性好みしそうなお洒落な店内

こちらが、2019年5月24日(金)~8月31日(土)、2019年12月1日(日)~2020年2月29日(土)の期間中提供される機内食

メインは、ポークシュニッツェル

こちらは、2019年9月1日(日)~11月30日(土)、2020年3月1日(日)~5月31日(日)の期間中提供される機内食

メインは、グリルドチキン

5月24日から提供される機内食

「ポークシュニッツェル – マッシュポテト、ポーチドエッグ、パセリとケッパーバターを添えて」

billsで長年愛され続けるメニューである、シュニッツェルを特別にアレンジして提供。

パセリとケッパーを加えて、バターとローストレモンを添えることで、シンプルなシュニッツェルをより豊かなフレーバーで楽しめます。

「味噌でマリネした茄子のソテー、ケールとレタス、トマト、豆腐のサラダ」

billsの料理がいかに日本の食文化にインスピレーションを受けていることを表すメニューを考えたとのこと。

また、上空35000ftでも食材の味を最大限に引き出すことができるマリネなどを開発

「ジャスミンティースモークサーモン、胡瓜のピクルスと枝豆のサラダ」

billsのメニューでも愛用されるジャスミンティーでマリネしたスモークサーモンをふんだんに使用した一品。

ヘルシーかつライトなサイドディッシュ。

飛行機の絵が袋に書かれている、可愛いパン

billsの店舗前で記念撮影に応じる、ANAケータリングサービスの清水誠総料理長

機内食トレー上のミニカードを持参すると、bills Waikikiでお好きなウェルカムドリンクをお1人様1杯プレゼントとのこと

2020年6月30日までの期間限定キャンペーンです。

bills Waikiki 店舗

実際にANAとbillsのコラボ機内食を食した感想は、胃がもたれないヘルシーな機内食を目指したというだけあり、サイドディッシュも「スモークサーモン、胡瓜のピクルスと枝豆のサラダ」と「味噌でマリネした茄子のソテー、ケールとレタス、トマト、豆腐のサラダ」というだけあり、非常にヘルシーかつお酒も進む内容となっており、非常に美味しく、機内食としては非常に高評価することができる内容となっています。

また、メインのポークシュニッツェルも脂ぽさが良い意味であまりなく、またお腹持ちもよいという事で男性も満足できる内容となっていました。

ポークシュニッツェルに添えられている半熟卵の美味しさは、また逸品な味。

ANAのbillsのコラボ機内食、非常に素晴らしい機内食となっており、今後の展開に期待が持てる試食会でした。

関連記事

おすすめ記事

  1. ANA A380「FLYING HONU」 その他のフォトレポートです。 (さらに&hell…
  2. ANA A380「FLYING HONU」 ファーストクラス フォトレポートです。 (さらに…
  3. ANA A380「FLYING HONU」 ビジネスクラス フォトレポートです。 (さらに&…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る