ANA ハワイ・ダニエル・K・イノウエ空港最大の自社ラウンジを開設!





ANAは、来春のA380型機のハワイ就航に合わせて、ハワイのダニエル・K・イノウエ空港にラウンジを開設すると発表した。

就航する海外の空港としては、唯一の自社ラウンジとなるANA SUITE LOUNGEとANA LOUNGEを新設。

今回新設するラウンジは、ダニエル・K・イノウエ空港内のラウンジとしても最大のラウンジとなり、ANAならではの空間とおもてなしの実現がなされると発表。

ANA LOUNGEは、ハワイの自然を象徴する海、空、木々などのデザインを、床、壁、天井にダイナミックに表現。

また、潮溜まりをイメージした「ファミリーエリア」を開設。

子供が遊んでいる姿を周りの大人がそばで見守ることの出来るシート配置にして特徴を持たせている。

ラウンジの設置場所は、ターミナル2(現行のメインターミナル)3階 エバ・コンコースC4(現行:29番) ゲート上に開設。

今回のラウンジの特徴として、ラウンジから目の前に駐機するA380 FLYING HONUのアッパーデッキに直接搭乗する事が出来る。

ラウンジからのアッパーデッキへの直接の搭乗方法は、A380を就航させるにあたっての新設するラウンジの注目すべき点だろう。

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは8日、2019年10月8日~10月27日まで、「ANA 機内食総選挙 2019を実…
  2. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  3. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る