【トルコ航空】関空にてトルコ航空機内食フェアを開催中





 

トルコ航空よりご案内です

pr_tk.jpg

 

 

トルコ航空は、関西国際空港・展望ホール3階のレストラン「レジェンド・オブ・コンコルド」で「トルコ航空機内食フェアー」を開催し、ビジネス・エコノミー両クラスの機内食を提供しています。

 

期間は2011年6月17日(金)より7月31日(日)までの一ヶ月間半。

 

 

ランチからディナーまで同航空の機内食そのものを、地上で航空機を眺めながら楽しめます

 

調理を担当するのは同航空の機内食を製造する(株)関西インフライトケイタリング(KIC)

 

 

トルコ航空は関西国際空港よりイスタンブールまでA330-200型機(2クラス)で水・金曜日をのぞく週5便運航しており、イスタンブールはもとより欧州域内80都市を含む世界180余都市へのネットワークを有しています

 

 

創業は1933年、今年78年目をむかえます

 

トルコ航空の機内食は、世界三大料理の一つに数えられるトルコ料理をベースに開発されており、ロンドンに本部を置く世界航空サービス調査会社スカイトラックスにより、2010年エコノミークラスの機内食は世界一の称号を授与され、高い評価を得ています。

 

 

またビジネスクラスではフライングシェフと呼ばれる専任のシェフが搭乗し、機内食の解説から最終調理、盛り付け、配膳までを担当します。

 

 

調理を担当するKICの大野英輝総料理長(写真右)は、「数ある航空会社の中で、トルコ航空の機内食は質、ボリューム共にトップクラス。冷凍素材を一切使用しないことやトルコ料理をベースにしており、手間も通常の調理以上かかることから、一見、否、一舌の価値があります」と評価します。

 

 

また、トルコ航空のハリル・ギュナイ大阪支社長(右より2番目)は、「イスタンブールまでは約11時間のフライト。長い機上の旅では美味しい機内食は最上のエンタテイメントでもあります。ビジネスクラスではさらに専任のフライングシェフがその演出を担当します」と解説します。

 

 

「レジェンド・オブ・コンコルド」の営業時間は10:00より21:00まで、年中無休。

 

 

エコノミークラスは税込み1,500円、ワントレイのビジネスクラスは3,800円。

 

 

フルコースのビジネスクラスのみ7,000円で前々日までの要予約(Tel:072-455-2096)

 

 

トルコで人気のEFESビールやトルコワインも揃えています

 

 

 

 

 

 

 

 

各航空会社様からのPRをお受付しております。

 

詳細は、こちら https://www.kinaishoku.com/airline

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  2. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
  3. JALは23日、東京2020オリンピック開催1年前となるのにあわせて、パイロットや整…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る