JAL 東京~パリ・ロンドン線 就航60周年 DC8からB777/787へ







JALは6日、東京~パリ線・ロンドン線が就航60周年を記念して、出発ゲート前で記念セレモニーを開催しました。


1961年6月6日にDC8型機にて、東京~アンカレッジ~コペンハーゲン~ロンドン~パリ行きとして運航され、この日が60年目の節目となりました。




パリ行きJL45便は、乗客43名を乗せて午前10時39分に出発


ロンドン行きJL43便は、乗客27名を乗せて午前11時16分に出発しました。




「この2路線は、公共交通機関の使命を果たすべく、運航を続けていく」とJAL路線事業本部副部長 国際提携担当 レゲット ロス氏




当時のポスター等もゲート前にて展示されていました。




1960年代のJALの機内誌




当日、乗客に配られた搭乗証明書と記念品。




JALの60年前に着用されていた、3代目制服を着用したCAが、乗客に記念品を渡し乗客を見送っていました。




同路線の思い出を語るロンドン行きの機長




ロンドン線に搭乗する乗客




11時16分にプッシュバック開始したロンドン行のB787-900型機





この秋ぐらいからワクチンが行き渡り、旅行マインドも変わってくるだろうと話すレゲット・ロスJAL路線事業本部副部長。


航空の需要回復が待ち望まれます。






関連記事

おすすめ記事

  1. JALの2021年9月の国内線ファーストクラスの機内食は、「皆美館 佐藤治秀氏」プロデュー…
  2. JALの2021年8月の国内線ファーストクラスの機内食は、「十勝ヒルズ ファームレストラン…
  3. ANAは26日、A380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を利用した「レス…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る