JAL ヘルシンキ~成田 エコノミークラス(2019/10/29)





Inflight Meal Information

Date: 2019/10/29
Airline: Japan Air Lines
FlightNo: JL414
From: Helsinki
To: Tokyo
Class: Economy Class
情報ご提供: Barney様




夕方5時25分発、所要約9時間半の夜行フライトです。

離陸後にまずドリンクとおつまみのサービスがあり、白ワインをもらいました。


JALのワインは、フランス産のブドウを使ったJALのオリジナルワインです。


和風ハンバーグとタラの選択肢があり、こちらはタラの方です。


メインの左半分は、ブランダード(マッシュポテトのようなもの)です。

ご飯で埋められていなくて、ちゃんと洋食になっています。(ただしうどんはこの組み合わせには合いません。)


食事そのものは、トレーも大きくなりましたし、品数もエコノミーとしては他社に比べて圧倒的に多く、さらにデザートにアイスクリームが後から配られる(写真を取り忘れたようです)し、非常に好感持てました。

ただ、この便では、自分の席が後ろから3列目という場所だったせいか、サービスがいい加減に端折られました。


自分のすぐ手前でカートの中が空になってしまったのか、カートを一旦後ろに下げた後、メニューカードを持ってきて、どちらにするか聞いた後、後ろから食事のトレーを手で運んできたのですが、自分が選んだ洋食の方はパンがつくはずなのに、省略されましたし、赤いコーヒーカップも置いてありませんでした。(自分の前の列の人たちまでは、ちゃんとパンを配っているのが見えました。)


さらに、食べ終わったトレーを下げながら、食後のコーヒーやお茶を、前の方から配っていましたが、やっぱり自分のところだけ、カートがいっぱいになってしまったらしく、カートは後ろに下げて、後から手でトレーを下げに来たので、食後のコーヒーは自分のところだけもらえませんでした。

最後で面倒くさいからとサービスを省略するというのは、5つ星エアラインのJALにあらざることで、がっかりしました。



到着2時間半前に出された朝食です。

選択肢はありません。


メインは鶏そぼろ丼ですが、フルーツとヨーグルトが添えてあって、組み合わせとして、合いません。

いっそのことメインも洋食の卵料理にして、クロワッサンでも添えれば立派な朝食になると思うのに、やはり和食を好む日本人を考えての妥協なのでしょうけど。。。


でも、2度目にも温かい食事が出るだけ、他社に比べてましだと思うべきなのでしょう。





機内食の投稿大募集!あなたが搭乗された、飛行機の機内食やドリンクの写真と感想を当サイトに投稿しませんか?

世界中の方があなたの投稿をお待ちしています!

ご投稿の詳細はこちらをご覧下さい。



関連記事

おすすめ記事

  1. 羽田空港を18日に出発し、アテネで聖火を乗せた東京オリンピック・パラリンピックの聖火特別輸…
  2. 東京オリンピックの聖火をギリシャから日本へ運ぶ聖火特別輸送機「TOKYO2020号」が18…
  3. 国際線ファーストクラスの日本酒セレクション ANAは、2020年3月より機内およびラウン…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る