カレドニアン・スリーパー アバディーン~ロンドン ファーストクラス(2019/03/28)





Inflight Meal Information

Date: 2019/03/28
Train: Caledonian Sleeper
TrainNo: –
From: Aberdeen
To: London Euston
Class: First Class
情報ご提供: Barney様




夜9時40分発、所要約10時間の列車です。

列車にはラウンジカーというのがついてて、飲食ができます。

混んでいる場合は、ファーストクラスの客が優先されるということですが、特にスコットランドからロンドンに向かう上り列車は、滅多に混むことなどないそうで、この日も、ここに来て座る客はまばらでした。


夕食メニューも用意されているので、ここで食べられるように、わざわざ食事時間を調整して乗り込みました。


赤ワインのハーフボトルを注文しました。

リオハのクリアンザです。


食事は、鹿肉の煮込みを注文しました。

玉ねぎ、にんじん、ポテトが付け合わせになっています。


残念ながら、車内で調理したものではなく、機内食のようにケータリングされたものを、ギャレーで温めて盛り付けして出しているだけですけど、それでも列車の中で、ちゃんとした食器で出てくるものをいただく雰囲気は、楽しいものです。


せっかくだからデザートをいただきました。

Whisky Marmalade Pudding という記載ですが、スポンジケーキですね。


下にチョコレートのソースのようなものが敷いてあります。

甘すぎず、軽めで、よかったです。


朝食です。

夕食はすべて有料ですが、ファーストクラスのチケットを購入すると、朝食が無料でついてきます。

自分の部屋に持ってきてもらうこともできますが、せっかくだから、朝日が昇る窓の景色を楽しみながらゆっくりいただけるように、ラウンジカーでいただくことにしました。


“Full Scottish Breakfast”ということで、卵、ブラックプディング(血やオートミールなどを混ぜた丸いソーセージ)、ベーコン、トマト、マッシュルームなど一通り乗っていますが、コーヒーがインスタントだったのががっかりでした。


なお、このカレドニアン・スリーパーは、本来、去年の年末前から新しい列車に変る予定だったのが、遅れに遅れて、結局今年(2019年)の夏から新車両が導入されることになっています。

古い車両には情緒があっていいと思うか、新しい車両には、各部屋にカードキーがあり、ファーストクラスはトイレ、シャワー付きの部屋になるなど、大幅な近代化が図られるので、その方がいいと思うか、いろいろですけど、なくなる直前に古い車両に乗れたということで、よしとします。

なお、出発駅でも、到着駅でも、ラウンジが使えて、シャワーもちゃんとあります。





機内食の投稿大募集!あなたが搭乗された、飛行機の機内食やドリンクの写真と感想を当サイトに投稿しませんか?

世界中の方があなたの投稿をお待ちしています!

ご投稿の詳細はこちらをご覧下さい。



関連記事

おすすめ記事

  1. 羽田空港を18日に出発し、アテネで聖火を乗せた東京オリンピック・パラリンピックの聖火特別輸…
  2. 東京オリンピックの聖火をギリシャから日本へ運ぶ聖火特別輸送機「TOKYO2020号」が18…
  3. 国際線ファーストクラスの日本酒セレクション ANAは、2020年3月より機内およびラウン…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る