JAL 2020年から採用の新制服を発表






JALは23日、東京2020オリンピック開催1年前となるのにあわせて、パイロットや整備士、地上係員などを含む全部門の制服を2020年度より採用すると発表しました。


新制服の採用を発表するJALの赤坂社長

「制服は単なるユニフォームではなく企業のシンボル。イメージそのものだけあり、制服を変更することは勇気のいること」と語りました。


客室乗務員のワンピースは、鶴の流線型を表現したシルエットに仕上がり、袖は珍しいバルーンスリーブとなっているとのこと。

今回初めて、客室乗務員の制服にパンツスタイルを導入


今回、新たに女性パイロットの制服を採用しました。

ダブルではなく、シングルの制服としているのが特徴。


JTAの社員が着用する、かりゆしウェア


今回の制服をデザインした、クリエイティブディレクターの江角泰俊氏。


JALの新しい制服は、2020年4月からの着用開始となる予定です。





関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは1日、「鬼滅の刃」とのコラボジェットである「鬼滅の刃」じぇっと-参-を羽田空港にて…
  2. ZIP AIRは2022年7月1日より、徳島のグリラス社の開発した「グリラスパウダー」を使…
  3. ANAは24日、テレビアニメ「鬼滅の刃」のキャラクターを描いた特別塗装機の2号機「鬼滅の刃…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る