ANA A380「FLYING HONU」の機内を初公開





ANAは23日、報道陣向けに5月24日から就航するA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の機内を初公開しました。

座席数はファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席の4クラス5200座席。

国内の航空会社としては初めてのカウチシートを導入。

3席もしくは4席をベッドのような状態として利用することが可能になり、家族連れでの利用を想定。

ファーストクラスのシートも、A380導入を景気にリニューアル。

日本初のドアを備えた個室型シートを導入。

エコノミークラスもリニューアルされ、シートピッチは34インチ。

13.3インチの大型タッチパネル式パーソナルモニターを備え、またPC電源やUSBポートも設置。

A380の新型機を使用し、5月24日より就航します。

機内のフォトレポートを次のページでお届け致します。

【ANA A380機内フォトレポート】

ANA A380「FLYING HONU」 ファーストクラス フォトレポート

ANA A380「FLYING HONU」 ビジネスクラス フォトレポート

ANA A380「FLYING HONU」 プレミアムエコノミー フォトレポート

ANA A380「FLYING HONU」 エコノミークラス フォトレポート

ANA A380「FLYING HONU」 その他 フォトレポート

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは12月7日~8日の2日間、10月に投票を募集した機内食総選挙2019の機内食の試食…
  2. デルタ航空は、11月5日よりメインキャビン(エコノミークラス)のサービスを一新、特に機内食…
  3. JALは27日、「DEAN & DELUCA」を展開する株式会社ウェルカム(本社:…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る