JAL 解禁日限定 ボージョレー ・ヌーヴォーを機内とラウンジにて提供





JALは、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日に、国際線機内(一部路線を除く)および 国内主要空港ラウンジにて、ピエール・フェロー社のボージョレー・ヌーヴォーを提供する。

ピエール・フェロー社は1882年創業の長い歴史と経験を誇り、ワイン評論家ロバー ト・パーカー氏からもボージョレ-地区で最高の4つ星の評価を受ける名門ワイナリー。

今年はフランスを代表する料理人ティエリー・マルクス氏とピエール・フェロー社とのコラボレーションによる、日本限定リリースの特別なボージョレー・ヌーヴォー 『ティエリー・マルクス スペシャルエディション』を機内及びラウンジにて提供。

ピエール・フェロー社が所有する畑の中でも樹齢の高い貴重なブドウを使用してつくられており、クオリティーの高いボージョレー・ヌーヴォーと言える。

また同時に、メゾンカイザーによるJAL オリジナルパン“PAIN AU BEAUJOLAIS (パン・オ・ボージョレ ー)” も提供されるとのこと。

 

 

なお、提供路線及び提供ラウンジは、以下の通り。

【ボージョレー・ヌーヴォー『ティエリー・マルクス スペシャルエディション』】

(1) 機内サービス 路線: 日本発着の下記路線
シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、 バンクーバー、サンフランシスコ、ホノルル、コナ、シドニー、メルボルン、 ロンドン、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シンガポール、クアラルンプール、 ジャカルタ、デリー、マニラ、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク、香港 クラス: ファーストクラス、ビジネスクラス

(2) ラウンジサービス
羽田空港(国際線・国内線)、成田空港(国際線)、関西空港(国際線・国内線)、 伊丹空港、中部空港(国際線)、福岡空港(国内線)、新千歳空港(国内線)

(3) 搭乗ゲートでのサービス 羽田空港発の下記便
01:30発 JL079便 ホーチミンシティ行き 02:45発 JL041便 ロンドン行き

 

【JALオリジナルパン“PAIN AU BEAUJOLAIS (パン・オ・ボージョレー)”】

(1) 機内サービス 路線: 東京(成田・羽田)発の下記路線
シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、 ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、 サンフランシスコ、ホノルル、コナ、シドニー、メルボルン、 ロンドン、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、 シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、デリー、 マニラ、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク、香港 クラス : ビジネスクラス(洋食コースのパンのひとつとして提供)

(2) ラウンジサービス
成田空港(国際線ファーストクラスラウンジ) 羽田空港(国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ/国際線ファーストクラスラウジ

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは12月より、シドニー発便の全クラスにて有名シェフとのコラボメニューを提供すると発表し…
  2. JALは、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日に、国際線機内(一部路線を除く)お…
  3. JAL(日本航空)は、日本発の長距離路線で機内食として、本日からJAL特製「Japanese…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る