ANA ホノルル線限定機内食を提供へ





ANAは、A380のホノルル就航に合わせて、ホノルル線の機内食を一新することを発表しました。

上記は、ホノルル線ファーストクラスの新メニュー。

機内食では、新たにFour Seasons Resort at Oahu at Ko Olinaにあるイタリアンレストラン「Noe」とのコラボメニューを発表

日本人シェフである、高塚良料理長が監修する、南イタリアとオアフの食文化を融合させたオリジナルメニューを用意。

ファーストクラス メイン料理

また、今回、プレミアムエコノミー専用メニューの提供を始めると発表

日本発洋食メニュー

ホノルル線限定の提供で、食器に盛り付けられた、これまでよりワンランク上の2種類のメニュー(洋食、和食)を用意。

日本発和食メニュー

機内食以外にも、機内アメニティーの一新やカウチシートや新ラウンジの提供など、ANAのホノルル線からは目が外せません。

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  2. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
  3. JALは23日、東京2020オリンピック開催1年前となるのにあわせて、パイロットや整…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る