JAL 2018年度国際線ファーストクラス、ビジネスクラス搭載のワイン銘柄を決定!





JALは、2018年度国際線ファーストクラスとビジネスクラスで提供するワイン、日本酒の銘柄を決定した。

ワインの最高峰資格であるマスターオブワインの大橋健一氏による情報と、日本初のワインテイスターの大越基裕氏

特にワインは、ヨーロッパのみならず、日本産を含む世界各国のワインを積極的に選定。

ファーストクラスでは、2018年1月より「ルイ・ロデレール クリスタル2009」の提供が始まる。

各クラスの搭載ワインは、以下の通り。

 

【ファーストクラス】 2018年3月~2018年8月

シャンパン:ルイ ロデレール クリスタル 2009
シャンパン:ポル・ロジェ サー・ウィンストン チャーチル 2006

白ワイン:シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ モルジョ 2015
白ワイン:ラパウラ・スプリングス 2017
白ワイン:イエルマン ピノ・グリージョ 2016
白ワイン:ココ・ファーム・ワイナリー 風のエチュード 2016

赤ワイン:シャトー・ブラネール・デュクリュ 2014
赤ワイン:ポマール・クロ・デ・ユルスリーヌ・“モノポール 2013
赤ワイン:シャトー・イガイタカハ”園”ピノ・ノアール 2015/2016(アメリカ線)
赤ワイン:クスダ マーティンボロ シラー 2015(ヨーロッパ線)

 

【ファーストクラス】 2018年9月~2019年2月

シャンパン:ルイ ロデレール クリスタル 2009
シャンパン:ボランジェ・ラ・グランダネ 2007
シャンパン:ボランジェ・ロゼ・リミテッド・エディション 2006(期間限定)

白ワイン:デュモル シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー 2014
白ワイン:ドッグ・ポイント ソーヴィニヨン・ブラン 2016
白ワイン:イエルマン ピノ・グリージョ 2016
白ワイン:ココ・ファーム・ワイナリー 甲州 F.O.S 2015

赤ワイン:ロック・ド・カンブ コート・ド・ブール 2012
赤ワイン:パリンガ エステート エステート・ピノ・ノワール 2011
赤ワイン:シャトー・イガイタカハ”園”ピノ・ノアール 2015/2016(アメリカ線)
赤ワイン:クスダ マーティンボロ ピノ・ノワール 2016(ヨーロッパ線)

 

【ビジネスクラス】 2018年3月~2018年8月

シャンパン:ドゥラモット ブラン・ド・ブラン N.V.(ファーストクラス設定有りの便)
シャンパン:シャルル エドシック ブリュット レぜルヴ N.V(上記以外の便)

白ワイン:ヴィレ・クレッセ 2016
白ワイン:ドクター・ローゼン・リースリング・クヴァリテーツワイン・ファインヘルプ ドイツ 2016
白ワイン:クライン ヴィオニエ ノース・コースト 2016
白ワイン:北海道 ケルナー 2016(欧州線)
白ワイン:ルイ・マックスマコンヴィラージュ 2015(短距離線)

赤ワイン:キャッスルロック ピノ・ノワール 2012
赤ワイン:シルバー・ラベル 2015
赤ワイン:ルイ・マックスブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ 2015(短距離線)

 

【ビジネスクラス】 2018年9月~2019年2月

シャンパン:ドゥラモット ブラン・ド・ブラン N.V.(ファーストクラス設定有りの便)
シャンパン:シャルル エドシック ブリュット レぜルヴ N.V(上記以外の便)

白ワイン:クレインザルゼ ヴィンヤード・セレクション・シャルドネ 2016
白ワイン:IGP コリンヌ・ローダニエンヌ 2016
白ワイン:ラパウラ・スプリングス クラシック 2017
白ワイン:ルイ・マックスマコンヴィラージュ 2015(短距離線)

赤ワイン:ヴィラ・ヴォルフ ピノ・ノワール 2015
赤ワイン:シャトー・ルデンヌ メドック 2007
赤ワイン:ココ・ファーム・ワイナリー こころぜ 2015
赤ワイン:ルイ・マックスブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ 2015(短距離線)

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは26日、国際線のプレミアムエコノミーとエコノミークラスにおいて、JALのオリジナルワ…
  2. JALは、AIR MOSシリーズの第8弾として、AIR MOS クリームチーズテリヤキバーガ…
  3. JALは、6月1日より東京・恵比寿の人気和食店「賛否両論」の笠原将弘シェフが監修した機内食を…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る