東京オリンピック聖火が松島基地に到着、26日から聖火リレーへ






羽田空港を18日に出発し、アテネで聖火を乗せた東京オリンピック・パラリンピックの聖火特別輸送機「TOKYO 2020号」が20日、ギリシャから宮城県の航空自衛隊松島基地へ到着しました。


低気圧に伴う暴風により、当初より1時間30分早く到着した聖火特別機「TOKYO 2020号」


航空自衛隊松島基地に姿を現した「TOKYO 2020号」であるJALのB787-8型機(JA837J)


予定より約90分早い午前9時36分に着陸。


午前11時20分から開かれた聖火到着式には、東京オリンピック・パラリンピック運営組織委員会の森喜朗会長や、柔道金メダリストの野村忠宏さん、レスリング金メダリストの吉田沙保里さん、聖火リレーアンバサダーのサンドウィッチマン、女優の石原さとみさん、パラリンピック射撃元日本代表の田口亜希さんが登壇しました。


787の扉が開かれ、両側にANAとJALのCAさんが立ち、野村忠宏さんと吉田沙保里さんを迎えています。


機内から聖火を受け取り、タラップ上で高く掲げるお二人と聖火

森喜朗組織員会会長に聖火が渡され、拍手が沸き起こります。


トーチに聖火が移され、聖火皿に火が灯されます。


東京オリンピックの聖火が聖火皿にともった瞬間。


サンドウィッチマンの2人が聖火のランタンを持って、特別塗装されたバスに乗車。


宮城県・岩手県・福島県で「復興の火」としてそれぞれ2日間展示されます。



今月26日から国内の聖火リレーが、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」からスタートします。








関連記事

おすすめ記事

  1. JALは6日、東京~パリ線・ロンドン線が就航60周年を記念して、出発ゲート前で記念セレモニ…
  2. JALの2021年6月の国内線ファーストクラスの機内食は、「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾…
  3. ANAは3月31日、羽田空港に駐機中の機内で機内食を提供する「翼のレストランHANEDA」…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る