JAL 成田~フランクフルト エコノミークラス(2019/11/07)





Inflight Meal Information

Date: 2019/11/07
Airline: Japan Air Lines
FlightNo: JL407
From: Tokyo
To: Frankfurt
Class: Economy Class
情報ご提供: Barney様




午前11時発、所要12時間15分のフライトです。

離陸後のドリンクサービスで赤ワインをもらいました。


JALのワインは、オリジナルワインです。

そのあたりのこだわり方はさすがだと思います。


色々なエアラインに乗って見ていますが、こういうのは見たことがありません。


これは、長距離の欧米路線で提供している「若き料理人たちによる機内食」というコラボ企画で、料理人コンクールの入賞者が監修したメニューになっています。

経営破綻から10年間、JALは機材やインテリアだけでなく、機内食も色々な工夫と企画をして、味だけでなく、楽しく食べられるような機内食にするように、かなりの努力をしていると思います。


その中で、思い切って、欧米路線で和食を選択肢から外したのは注目する点です。

その理由は、外国の客が最近は多くなって、半数以上を占めていることもあるからだそうですが、和食の代わりに入れたのは中華で、これも中華の牛肉のトマトソース煮です。


だから、外国の客が増えたというのは多分言い訳で、実はJALの社長が中華が好きだからということだろうと思います。

だって、まず外国から日本に来る客でJALを選ぶような人たちは、逆に和食が食べたいと思うだろうし、和食じゃなくて中華が食べたいなんて思うのは、中華の好きな日本人か中国系の人たちだろうと思われますが、欧米路線で中国系の客が多いとは思えません。


この料理人のコンクールには、フレンチ、中華、和食と3部門あるようで、中華の他の選択肢はフレンチで「若鳥とキノコのフリカッセ」ということでしたが、半分はご飯で埋まっています。

つまり、厳密にはフレンチではなく、和製洋食ですね。


ということは、欧米人の目には、やっぱり日本の食べ物としか映らないと思いますので、外国人の客の好みを考えたメニューになっているかというと、やっぱりどうしても日本人向けメニューだと思います。

だから、外国人の客のことを考えて・・・というのは言い訳に過ぎないと思います。


しかし、サイドディッシュとして単純なサラダ以外に、「野菜のオムレツ」とか、「ゴマ豆腐の豆乳ソース掛け」とか、「ポテトとスモークサーモンのサラダ」とか、さらにみそ汁まで出てくる品数の多さと多様さは、他社に比べて圧倒的に優れているので、その点は高く評価したいです。


さらに、デザートにハーゲンダッツが出てきますが、これも「JAL限定」として、ハーゲンダッツ・ジャパンがJALのために特別に製造したものを出しているのはさすがです。

以前キャセイに乗った時も、ハーゲンダッツが出てきましたが、これにはキャセイのロゴも何もない、普通のハーゲンダッツでしたので、JALがこだわって「JALのオリジナル」としてるのは素晴らしい努力です。


フライトの半ばで出てきたおやつ。

「ガスパチョブレッド」ということですが、フワフワのチーズパンの中にトマトソースが入ってる感じです。


飲み物は、JALオリジナルの「スカイタイム・キウイ」というのをもらいました。



到着前の食事は、エアー吉野家でした。

選択肢はないので、欧米人にはどうなのかなという気もしますが、これは日本人にはかなり人気があるみたいですね。





機内食の投稿大募集!あなたが搭乗された、飛行機の機内食やドリンクの写真と感想を当サイトに投稿しませんか?

世界中の方があなたの投稿をお待ちしています!

ご投稿の詳細はこちらをご覧下さい。



関連記事

おすすめ記事

  1. 羽田空港を18日に出発し、アテネで聖火を乗せた東京オリンピック・パラリンピックの聖火特別輸…
  2. 東京オリンピックの聖火をギリシャから日本へ運ぶ聖火特別輸送機「TOKYO2020号」が18…
  3. 国際線ファーストクラスの日本酒セレクション ANAは、2020年3月より機内およびラウン…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る