ANA A380 フライングホヌ ホノルル行き 初便エコノミークラス搭乗記 その1





2019年5月24日、総2階建てのエアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」が、成田~ホノルル間に就航しました。

就航初便に搭乗取材致しましたので、レポート致します。

当初は週3往復で、7月から週10往復に増便されるA380。

座席数は4クラス520席

ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席

搭乗ゲート前では、初便らしく華やかな雰囲気に包まれていました。

就航初便の搭乗客数ですが、520名の定員に対して、搭乗者数は500名。

当日のキャンセル等を含めて、20席分余裕があったとのこと。

スタッフの方々も、みな一応に笑顔で、いかにこの機材の就航が特別であるかという事がよくわかります。

ゲートを通りすぎると、就航記念品が搭乗客に配られていました。

配られた搭乗記念品

こちらの男性は、親子でこのTシャツを着て搭乗。

奥様の手作りのTシャツとのこと。

アッパーデッキは、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー

1階席は、オールエコノミークラス。

A380 フライングホヌの初便の旅の始まりです。





関連記事

おすすめ記事

  1. JALは6日、東京~パリ線・ロンドン線が就航60周年を記念して、出発ゲート前で記念セレモニ…
  2. JALの2021年6月の国内線ファーストクラスの機内食は、「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾…
  3. ANAは3月31日、羽田空港に駐機中の機内で機内食を提供する「翼のレストランHANEDA」…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る