イベリア航空 マドリード~ニューヨーク エコノミークラス(2018/11/05)





Inflight Meal Information

Date: 2018/11/05
Airline: Iberia Airlines
FlightNo: IB6253
From: Madrid
To: New York
Class: Economy Class
情報ご提供: Barney様

16時10分発、所要約8時間のフライトです。

座ったのはエコノミーですが、1食目はビジネスの食事でした。

そのわけはこうです。

イベリア航空は、マドリッド発の長距離便に限り、有料のアラカルトメニューをウェブで事前にオーダーすることができます。

そこで、通常食よりちょっと贅沢なメニューを、29ドル払ってオーダーしておきました。

格安チケットでは座席の事前選択も有料なのですが、これもお金を払って53Aという席を指定しておきました。

それが、乗り込んで間もなく、席を移動してもらえないかとCAさんが言いに来て、反対側の48Kという同じ窓側席だというので、きっと離れ離れに座っている人がいて、一緒に座りたいのだろうと思い、気持ちよく移動しました。

離陸後しばらくして機内サービスが始まると、特別食のトレーをひとつずつあちこちの席へ運ぶCAさんたちの姿が目に入りましたが、自分のところには何も運ばれてこないまま、通常食のカートが来てしまったので、自分はアラカルトメニューをオーダーしてあるんですけどと説明すると、担当のCAさんはしばらく後ろへ下がってから戻ってきて、元座っていた53Aに持って行って「特別食をご注文なさいましたか?」というと、そこに座っていた女性は「いいえ」とは言わずに受け取ってしまったというのです。

それで、自分のミスで申し訳ございません、ビジネスクラスのお食事をご用意します、ということになりました。

他人の食事を何食わぬ顔で受け取って食べてしまうなんて、不正直な人もいるものですね。

ということで、ビジネスの食事でした。

メニューがないので、内容は自分なりの理解の範囲ですが、前菜としてニンジンかカボチャの冷たいスープ、サラダとバルサミコドレッシング、冷たい白身魚とオレンジといった内容。

さらに、チーズと訳の分からない甘いものがありした。

ワインも、最初エコノミーのワインを2本もらいましたが、それを見て、ビジネスのワインをお持ちしましょうかと言われたので、お言葉に甘えていただきました。

スペインのリオハかリベラ・デル・ドゥエロがあるようでした。

メインは、牛肉の煮込みとマッシュポテトで、お肉はとろけるように柔らかくておいしかったです。

デザートは、多分キャロットケーキだと思います。

着陸前のスナックは、ハムとチーズのサンドイッチ、ミニマフィン、ヨーグルト、キットカットが箱に入っています。

「Preordered」と箱に書かれていて、ほかの人より先に目の前に置かれましたが、別にこのスナックをオーダーしたわけでもなく、中身も全く通常と同じなので、なんでそういう扱いになったのか理解できません。

 

機内食の投稿大募集!

あなたが搭乗された、飛行機の機内食やドリンクの写真と感想を当サイトに投稿しませんか?
世界中の方があなたの投稿をお待ちしています!
ご投稿の詳細はこちらをご覧下さい。

関連記事

おすすめ記事

  1. ANA A380「FLYING HONU」 その他のフォトレポートです。 (さらに&hell…
  2. ANA A380「FLYING HONU」 ファーストクラス フォトレポートです。 (さらに…
  3. ANA A380「FLYING HONU」 ビジネスクラス フォトレポートです。 (さらに&…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る