シンガポール航空 シンガポール~中部 エコノミークラス





シンガポール航空 シンガポール~中部 エコノミークラスの機内食です

Date:2009/06/01
Airline: Singapore Airline
FlightNo: SQ672
From: Singapore
To: Nagoya
Class: Economy Class

090810-086.jpg

■メニュー(朝食):

フルーツ
焼き塩サバ、野菜、御飯又はチャイヴオムレツ、チキンソーセージ、
トマトのロースト、ハッシュブラウンポテト
パン各種
ブレックファストロールの盛り合わせ
バター、フルーツジャム
温かいお飲物
コーヒー、紅茶、煎茶

私はチャイヴオムレツをチョイス。

帰りは夜行便なので、現地を1時(日本時間2時)に出発して、名古屋に8時30分に到着するスケジュール。

だから、出発後は、消灯して夜が明けるまで機内は真っ暗。

沖縄上空を過ぎたあたりから機内食の配布が始まる。

出てきた機内食を見て…。

ひと言。う~ん。なんじゃこりゃ?メニューのイメージとはかけ離れている。

ちなみにメニューはシンガポール⇒名古屋と名古屋⇒シンガポールの2食分が載っている。

だから、行きのメニューを見て帰りの機内食がどのようなものが出るのかが分かります。

でも、月が変わっても同じメニューだった。基本は月替わりのメニューじゃなかったのか?

それにしても、お粗末な内容。トマトのローストってこのプチトマトのかけら?

ブレックファストロールの盛り合わせってパンとマフィン1個ずつだけ?

定番のヨーグルトが付いていない…。

完全に裏切られました。

090810-084.jpg

復路は深夜便の為、機内食は到着前に朝食となります。

出発後、機内は消灯され、真っ暗になります。
頻繁にドリンクを配っていますが、時々、スナックを配っています。

そこで配っていたのがこれ…。
普通はカップラーメンか、マフィンか、サンドイッチとかだと思いますが…。

シンガポール航空はこれ1種類しかありませんでした…。
見ての通りラーメン。

四角のプラスチックケースにフタをして配っていました。
フタを開けると…。
唖然…。

袋ラーメンを器に入れ、粉末スープを上からかけて、そして熱湯をかけてフタをしただけのもの。

だから、フタを開けたらこの通り。
できていない。。。

麺がほぐれていない。。。
具は何もない。。。
スープは辛いスープ。

タイか韓国で売っている辛ラーメンかな。
スナックまでこだわりが見えない…。

  

【情報ご提供】  まさ様

皆様の情報ご提供をお待ちしております
詳しくは、こちらまで https://www.kinaishoku.com/toukou

  

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは、12月1日より近距離国際線エコノミークラスの機内食のリニューアルを発表しました。 …
  2. ANAは、A380のホノルル就航に合わせて、ホノルル線の機内食を一新することを発表しました。…
  3. ANAは、5月24日(金)より、成田発ホノルル行きより「FLYING HONU」1号機を投入…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る