シンガポール航空 中部~シンガポール エコノミークラス





シンガポール航空 中部~シンガポール エコノミークラスの機内食です

Date:2009/05/31
Airline: Singapore Airline
FlightNo: SQ671
From: Nagoya
To: Singapore
Class: Economy Class

090810-081.jpg

090810-082.jpg

●インターナショナルセレクション

海老のマリネとパスタのサラダ仕立て
チキンソテー アプリコットバター&ハーブソース
野菜のバター炒め、ローストポテト
チーズとクラッカー
デザート
アイスクリーム
パン各種
温かいお飲物
コーヒー、紅茶

又は

●和食
前菜盛り合わせ
冷たい季節の麺
牛フィレ肉の味噌風味、季節の野菜、御飯
軽食
小菓子
パン、バター
温かいお飲物
煎茶
冷たいお飲物
ウーロン茶

090810-083.jpg

私はインターナショナルセレクションをチョイス。
機内食が配られラップを開け、写真を撮りました。

第一印象は「ん?」でした。

過去にシンガポール航空のエコノミークラスとビジネスクラスに乗ったことがありますが、「ん?」というのが感想です。

最初に立派なメニューをいただいたので、これは期待できると思ったのですが、どう見ても機内食に対する費用を削減しているのがすぐに分かります。

量が少ないのです。

特にこれといったこだわりが感じないのです。味は確かに美味しいのですが…。

物足りない。

もともと私自身、機内食はそれほど食べないので、自分にとってはこれで十分だけど、男性にとってはこれは貧弱だなぁと思います。

ドリンクは頻繁に配っていただけに残念です。

他社と差別化を図るのならこのあたりももっとこだわりが欲しいところです。

なお、トレイは滑らないように加工してありました。
何よりも「シンガポール・スリング」が美味しかったことがせめてもの救いでした。

  

【情報ご提供】  まさ様

皆様の情報ご提供をお待ちしております
詳しくは、こちらまで https://www.kinaishoku.com/toukou

  

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  2. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
  3. JALは23日、東京2020オリンピック開催1年前となるのにあわせて、パイロットや整…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る