JAL A350-900 機内内部 フォト特集





日本の伝統美をテーマに全クラスで座席をリニューアルしたA350-900の内部のフォト特集です。

A350-900のコックピット内部

エアバスの特徴として、操縦かんの代わりにサイドスティックを採用。

前方入り口部分にはJALの鶴丸ロゴを設置

最前方にあるファーストクラス部分

ファーストクラスは、14席設置

航空機内装品のジャムコと共同開発したファーストクラスシート。

シートピッチは53インチ、座席幅は約51センチ。

15.6インチの大型個人用モニターも備えています。

座席の操作もすべて電動化

今回より、マッサージ機能が新たに加わりました。

ドイツレカロ社の座席を新たに採用。

シートピッチは38インチで、座席幅は48センチ。

クラスJは、94席設置

11.6インチの個人用モニターを備えています。

普通席は、263席設置

3-3-3の座席配列でドイツレカロ社の座席を採用。

シートピッチは31インチ

10.0インチの個人用モニターを採用。

今回のA350-900の大きな特徴として、大型の手荷物収納棚を設置

ご覧のように荷物棚がいっぱいになると、CAによる開閉が非常に重たく困難になることから、エアバス社と協議し、簡単に閉めることができるオリジナルのシステムを採用。

ラバトリー

最後方にあるギャレー

JALのA350-900は、9月1日より羽田~福岡に就航します。

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  2. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
  3. JALは23日、東京2020オリンピック開催1年前となるのにあわせて、パイロットや整…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る