JALの旗艦機となるA350-1000 日本初飛来 羽田にて公開





エアバスのA350-1000型機が、世界を周るデモンストレーションツアーの一環で羽田に飛来、マスコミ向けに機体を公開した。

機体公開に先駆けて、エアバスの担当者によるプレゼンが開かれた。

現在、ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京とデモンストレーションツアーを行い、昨夜羽田空港に着陸。

本日、マスコミ向けに公開を行った。

今回、日本に初飛来した機材は、試験機の2号機

3クラス295席(ビジネス40席、エコノミープラス36席、エコノミー219席)の座席で構成されている。

JALは2013年10月にA350-900型機を18機、A350-1000型機を13機確定発注しており、A350-1000は主に長距離国際線に充てられる予定だ。

現在就航しているB777型機の後継機の位置づけであり、JALの旗艦機(フラッグシップ)として採用を予定している。

以下、A350-1000の写真特集をご覧ください。

ロールスロイス製のエンジン

エアバスの日本支社長に説明を受ける、JAL植木社長

6車輪のボギー式主脚

A350-1000を見つめるJAL植木社長

エアバス日本支社長は、「今日はバレンタイン、義理チェコではなく素敵な機材を持ってきました」と挨拶

前方ギャレー

A350-1000 コックピット

Aコンパートメントのビジネスクラス

トイレ

中央部ギャレー

3-3-3の配列のエコノミークラス

機体後方には、試験機らしく様々なデータを取得するシステムが並んでいる。

クルーレスト全体

試験飛行機は、今夜、最終目的地であるマニラへと向けて出発する。

関連記事

おすすめ記事

  1. 日本の航空会社で初めての採用となるA380を導入するANAが25日、A380型機の機内仕様を…
  2. JALは、3月からの国際線機内食として、東京のラーメン店とJALとの共同開発した「AIR J…
  3. JALは、3月の国内線ファーストクラスの機内食に、島根県の「マリンポートホテル海士(あま)」…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る