SBB チューリッヒ~ミラノ ファーストクラス(2017/11/10)





Inflight Meal Information

Date: 2017/11/10
Train: SBB
TrainNo: EC19
From: Zurich
To: Milano
Class: First Class
情報ご提供: Barney様

 

機内食ドットコムが書籍化されました!
世界各国のエアラインの機内食に加え、エミレーツやJAL、プライベートジェット機の機内食まで特別取材。芸能界きっての旅好き女優・眞鍋かをりさんのコラムも掲載!
2018年1月12日発売です。ご購入は下記からどうぞ。
みんなの機内食 天空のレストランへようこそ!

 

 

13時10分発、所要約3時間半の路線です。

車内で昼食をいただきました。

内容はチキンの入ったタイ風レッドカレーで、味なそこそこおいしかったです。

おまけにパンもついてきましたが、たべませんでした。

ファーストクラスでは、食堂車のメニューが配られ、係の人が注文を取りに来て、席まで運んできてくれます。

食事はすべて有料です。

注文したワインは100㏄で、グラス1杯の量でしたが、ちゃんとキャラフェに入れてグラスと一緒に運ばれてきました。

自分の座った席は、すぐ後ろが食堂車で、ひっきりなしに人が出入りしドアが開閉するし、中には香水の匂いをぷんぷんさせてる人もいたり、ドアが開くたびに食堂車からガヤガヤとうるさい話声が聞こえるし、非常に落ち着かない席でした。

自分の車両は半分以上食堂車だったので、座席は3列ほどしかなく、車いすのスペースもあったので、食堂車からやってきて、その空いたスペースに立って携帯電話で通話をする人もいました。

食堂車はテーブルの数が少ない上に、始発駅で乗車と同時に、自分の席に行かずに荷物を持って食堂車へ直行し、席を取って居すわる人がたくさんいるので、すぐに席が埋まってしまいます。

一人だと、当然相席になります。

中には、始発駅でテーブルに着くなり、発車前に持参したサンドイッチをコソコソと食べて、何も注文せずにコンピューターを開いて降りるまで2時間以上も居座っていた人もいました。

そうかと思えば、大きなスーツケースを持ってきて、置く場所がないので、僕の席の頭上の棚に載せに来て、やっぱり食堂車に長居する人もいました。

自分は荷物がほとんどなかったからよかったですが、そんな風に平気でファーストクラスのスペースを占領するのはどうかと思いました。

また、ファーストクラスは3両ほどあるようでしたが、係の人は、注文を運んだり食器を下げてきたりで、ひっきりなしに速足で汗をかきながら何度も何度も往復していて、見てるだけでも気の毒でした。

それもこの席が落ち着かない原因の一つだったと思います。

食堂車の情緒を味わってみたかったのですが、そんな状態を見て、食堂車に幻滅を感じてしまいましたし、さらに、座席が食堂車に近すぎたあまり、せっかく自分の席で他人を気にせずに食事がいただけるはずだったのに、かなり落ち着かない雰囲気にイライラさせられてしまいました。

 

機内食の投稿大募集!

あなたが搭乗された、飛行機の機内食やドリンクの写真と感想を当サイトに投稿しませんか?
世界中の方があなたの投稿をお待ちしています!
ご投稿の詳細はこちらをご覧下さい。

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは26日、国際線のプレミアムエコノミーとエコノミークラスにおいて、JALのオリジナルワ…
  2. JALは、AIR MOSシリーズの第8弾として、AIR MOS クリームチーズテリヤキバーガ…
  3. JALは、6月1日より東京・恵比寿の人気和食店「賛否両論」の笠原将弘シェフが監修した機内食を…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る