ジェイ・エア CRJありがとうイベントを開催





ジェイ・エアは、2018年1月に退役予定のCRJのイベント、「CRJありがとうイベント」を開催。

全国より抽選で選ばれた62組100名がイベントを楽しんだ。

CRJは、史上初の50人乗りリージョナルジェット機として開発され、現在、ジェイ・エアでは50人乗りのCRJ200が3機、運航されている。

退役を前に撮影してきた数々のCRJの写真を、ジェイ・エア客室訓練施設で展示。

招待客は、各々CRJの写真に見入っていた。

訓練施設内にあるモクアップ内に入り、記念撮影する親子連れも多く見られた。

CAさんも模擬アナウンスを行い、招待客を楽しませた。

CRJに関する様々なグッズの展示も。

その後、場所を移し、CRJの運航に携わってきた運航乗務員、客室乗務員、整備士、グランドハンドリング担当者によるミニトークショーを開催。

山形空港ビル株式会社の協力により、招待客に山形県の郷土料理である「芋煮」の提供もあり、招待客は笑顔で味わっていた。

トークイベントでは、CRJの特徴や、運航する上での苦労した点などが関係者のトークショーで繰り広げられた。

トークショーを通じて、このCRJという機材がいかに愛されていたかという事がわかる。

トークショーの後は、パイロットやCAとの記念撮影会も開催。

その後、格納庫に移動を行い、整備士の開設のもと、CRJの機体関学会を開催。

退役間近の機体を惜しむように、招待客は機体内部に入ったりして楽しんだ。

ジェイ・エアの手作り感満載のこのイベント、関係者のホスピタリティーも多く感じられ、招待客も非常に満足したようだ。

CRJは、2018年1月末をもってジェイ・エアより退役する。

関連記事

おすすめ記事

  1. JALは、スープストックトーキョーと開発した機内オリジナルメニューを2017年12月より提供…
  2. ジェイ・エアは、2018年1月に退役予定のCRJのイベント、「CRJありがとうイベント」を開…
  3. ANAは、力の源ホールディングス傘下の一風堂のカップ麺を、2017年12月より、国際線のプレ…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る