JAL 国際線機内食 RED U-35 監修メニュー 9月より提供開始





 

jal_red_u-35-078.jpg

 

 

JALの新しい長距離国際線で提供される機内食の記者発表がありました。

 

 

 

jal_red_u-35-017.jpg

 

 

JALは、次世代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティションRED U-35のグランプリを受賞したシェフを含む6名の監修した機内食を発表。

 

 

9月1日から長距離国際線の機内食として提供されます。

 

 

jal_red_u-35-020.jpg

 

 

これまでのRED U-35で選ばれたファイナリストは日本料理、フランス料理、中華料理とジャンルが多彩で、日本のお客様のみならず、世界から訪日される海外のお客様の嗜好にも満足いただける機内食を、2017年9月1日より提供すると発表しました。

 

 

jal_red_u-35-029.jpg

 

 

まずは、秋メニューとしてRED U-35 2016にてグランプリを受賞した井上和豊シェフ監修の中華メニューと、同じく岸朝子賞を受賞した桂有紀乃シェフ監修の洋食メニューの提供を開始します。

 

 

jal_red_u-35-027.jpg

 

 

井上和豊シェフ

 

 

jal_red_u-35-028.jpg

 

 

桂有紀乃シェフ

 

 

jal_red_u-35-040.jpg

 

 

JAL 代表取締役社長植木社長と RED U-35 2017 の審査員を務める銀座のイタリア料理店 LA BETTOLA の落合オーナーシェフと共に井上シェフ、桂シェフ

 

 

jal_red_u-35-006.jpg

 

 

井上和豊シェフ監修の中華 「マイルドエビチリ 翡翠ライス添え」

 

 

伝統のエビチリを食べやすくマイルドに仕上げた機内食

 

 

jal_red_u-35-011.jpg

 

 

辛い料理が苦手で、エビチリもあまり食べない私ですが、このエビチリはスパイシーさがあるにも関わらず、それほど辛くなく、大人から子供まで受け入れられる非常にクオリティーの高い機内食でした。

 

 

jal_red_u-35-003.jpg

 

 

桂有紀乃シェフ監修  「ハンバーグ パプリカのケチャップ風ソース フェットチーネクリームソース」

 

 

誰もが好きなハンバーグに赤いパプリカを使った色鮮やかなオリジナルソース添え

 

 

jal_red_u-35-004.jpg

 

 

赤いソースは、ケチャップではなく、なんとパプリカ

 

絶品のハンバーグでした!!

 

 

jal_red_u-35-061.jpg

 

 

サイドディッシュの「よだれ鶏」

 

 

jal_red_u-35-062.jpg

 

 

「タコポテトサラダ バーニャカウダーソース」

 

 

jal_red_u-35-013.jpg

 

 

 

「ココナッツのブラマンジェと南国のリンゴのコンポート」

 

 

 

 

 

JALが開発に8か月以上も時間をかけて作ったという今回の機内食。

 

 

 

正直申しまして、今までの機内食では最も美味しかった。

 

 

 

飛行機に乗って最大の楽しみは、機内食です。

 

 

 

そんなワクワク感がたっぷり詰まった今回の機内食、皆様も機上にてお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは12月より、シドニー発便の全クラスにて有名シェフとのコラボメニューを提供すると発表し…
  2. JALは、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日に、国際線機内(一部路線を除く)お…
  3. JAL(日本航空)は、日本発の長距離路線で機内食として、本日からJAL特製「Japanese…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る