JAL(日本航空) シカゴ~成田 ファーストクラス





JAL(日本航空) シカゴ~成田 ファーストクラスの機内食です

Date: 2013/11/14
Airline: Japan Air Line
FlightNo: JL9
From: Chicago
To: Tokyo
Class: First Class

20131206-1017.jpg

 

シャンパーニュ サロンと前菜。

 

 

マカロン、マッシュルームに色々と乗せたもの、チーズとオリーブでしたが、マッシュルームが美味しかったですが、つい一口で食べてしまい、何が乗っていたのかわかりませんでした。

 

 

20131206-1018.jpg

 

 

最初は、洋食を選択。

 

 

アミューズブーシュは、蟹肉のサラダ グレープフルーツ添え、烏賊のグリル ピスタチオ風味、帆立のスモーク 無花果のコンポート添えでした。

 

 

烏賊もおいしかったのですが、帆立の間に無花果を入れた味は、不思議な組み合わせでしたが、おいしい味でした。

 

 

同時に飲んだ白ワインは、ワインというよりも新鮮なブドウジュースという感じ。

 

 

ヨーロッパ線の方が、ビジネスでもワインはおいしい気がします。

 

 

20131206-1019.jpg

 

 

アペタイザーはキャビア、豚肉のコンフィ、サラダからサラダを選択。

 

 

アメリカでは、野菜を食べる機会がほとんどなかったので、やっぱりキャビアにも惹かれましたが、食べたかったサラダにしました。

 

 

まあ、サラダなので、味は普通ですね。

 

 

20131206-1020.jpg

 

 

メインはビーフ、鶏肉、スズキからビーフを選択。

 

 

焼き加減はレアでお願いしましたが、ミディアムぐらいだったでしょうか。

 

 

お肉の味は、まあ、こんなもの、という感じでしょうか。

 

 

それより、一緒にお願いしたご飯がおいしく感じました。

 

 

久しぶりにご飯ということもありましたが、ヨーロッパ線で食べるよりもふっくらとして、おいしいご飯に炊きあがっていました。

 

 

赤ワインは、まあまあの味。

 

 

20131206-1021.jpg

 

 

 

デザートの代わりにチーズの盛り合わせを頼みました。

 

 

でも、JALはいつも思いますが、チーズが大きすぎます。

 

 

さすがに全部は食べきれませんでした。

 

 

 

20131206-1022.jpg

 

 

一寝入りして目が覚めたので、バーコーナーで百年の孤独を飲みました。

 

 

今月からとのことです。

 

 

ストレートよりお湯割りの方が香りもよく引き立っていました。

 

 

20131206-1023.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着陸前には、洋食を頼みました。

 

 

 

 

 

ミラノ風オッソブーコ 旬の野菜添えです。

 

 

 

 

 

こんなに大きなお肉とは思わず、さすがに残してしまいました。

 

 

 

 

 

和食では、納豆も出ていたのに驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【情報ご提供】        ぽてーと様

 

皆様の情報ご提供をお待ちしております
詳しくは、こちらまで https://www.kinaishoku.com/toukou

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. 当サイトの書籍化第2弾 「みんなの機内食~天空のレストランにようこそ」の発売が決定しました!…
  2. JALは、スープストックトーキョーと開発した機内オリジナルメニューを2017年12月より提供…
  3. ジェイ・エアは、2018年1月に退役予定のCRJのイベント、「CRJありがとうイベント」を開…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る