スイス航空 成田~チューリッヒ ビジネスクラス





スイス航空 成田~チューリッヒ ビジネスクラスの機内食です

Date:2009/–/–
Airline: Swiss International Airlines
FlightNo: LX161
From: Tokyo
To: Zurich
Class: Business Class

090715-085.jpg


090715-194.jpg

スイス インターナショナル エアラインズ(以下、SWISS)は、スイスの著名なヒルティル・ベジタリアンレストラン(www.hiltl.ch)と長期的なパートナーシップ契約を結んだ。5月27日以降、SWISSの全クラスの乗客は、ラルフ・ヒルティル(写真)と彼のチームの手によるベジタリアン・メニューを堪能できる。

SWISSとレストラン・ヒルティルは、SWISS独自の”SWISS Taste of Switzerland”のコンセプトの下、協力してオリジナルメニューを開発した。この提携により、スイスの高品質の評判と革新、スイスホスピタリティブランドが一つになる。両者は、これから始まる将来有望なコラボレーションに向けて、個々の顧客の食の経験にスポットを当てて開発を展開する。

このパートナーシップにより、SWISSのすべてのクラスの乗客は、肉を素材と使用していないにもかかわらず、美味しい風味あふれた機内食を堪能できる。アーティチョークとサフラン・フェタソースのほうれんそうパスタ(写真)と、なすと赤パプリカの野菜パエリアは、代表的な二皿だ。多彩で美味しいヒルティルのベジタリアン料理は、”SWISS Taste of Switzerland”に招かれたシェフの料理を補足すると同時に、2002年に導入され、前回のマーキュリー・アワードを受賞したSWISS独自の機内食ンセプトとも理想的な調和を生み出す。

ヒルティル・ブランドの歴史は111年もの昔、1898年のチューリッヒまでさかのぼる。欧州初のベジタリアンレストランとして開業した。アジアの精進料理とは異なり、インド料理などから導入された多彩なシーズニングを欧州料理に生かした香り高いフレーバーが特徴だ。今日では国境を越えグルメの総本山として知られ、一日1,200人もの客が訪れている。家族経営のヒルティル社は、四代目のラルフ・ヒルティルによって営々とその伝統が受け継がれている。ヒルティル・ブランドの健康的で今日的な、かつ香り豊かなベジタリアン・メニューは、5月27日より成田行きを含むスイス発の機内全クラスで選択できる。

  

【情報ご提供】  スイス インターナショナル エアラインズ広報様

皆様の情報ご提供をお待ちしております
詳しくは、こちらまで https://www.kinaishoku.com/toukou

  

関連記事

おすすめ記事

  1. ANAは8日、2019年10月8日~10月27日まで、「ANA 機内食総選挙 2019を実…
  2. JALは1日、エアバスA350XWBを就航させた。 今後のJALのフラッグシップとなる機材…
  3. 洋食:赤井顕治シェフ監修「若鶏とキノコのフリカッセ」 JALは27日、9月1日より欧米線…
世一旅行社

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る