ANA A380 フライングホヌ NH183成田行き ビジネスクラス搭乗記 その2





離陸してしばらくすると、おしぼりのサービスが開始されました。

笑顔でのサービスが非常に心地よいですね。

復路もビジネスクラスは満席とのことです。

メニューが配られました。

シャンパンのデュヴァル・ルロワ・ブリュット・レゼルヴを頂くことに。

マルメロのゼリーやオレンジピールの香りにグレープフルーツジュースや洋ナシ、ヘーゼルナッツの香ばしい香りがして、非常に落ち着いた大人のシャンパンです。

アミューズをCAさんが持ってきてくださいました。

お好きなアミューズをお取りくださいとのことで、各1種類ずつ頂くことに。

・マカダミアナッツとピスタチオとドライフルーツ

・スパムハムとモッツァレラチーズ

・スパイシーシュリンプ

どれもシャンパンにマッチする味わいで、非常に美味しく頂きました。

そして、機内食の提供です。

和食をチョイス致しました。

カラスガレイ西京焼き

梅しそ俵御飯

つぶ貝菜の花わさび 穴子八幡巻き

金胡麻秋刀魚 山桃蜜煮

牛しゃぶ仕立て

フルーツ

和食に合わせてという事で、日本酒をお願いしました。

農口尚彦研究所 純米無濾過原酒

非常に柔らかな口あたりで、ぐいぐい飲めてしまうキレのあるお酒です。

デザートに、ハーゲンダッツ

チーズを頂いたので、それに合わせてしっかりめの赤ということで、こちらの赤ワインを。

メイン・ストリート・ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネらしい、しっかりとしたタンニンがきいた、果実の凝縮感を感じさせるワインです。

チーズと共に。。。

2時間ほど寝た後、再度のドリンクサービスです。

アップルジュースを頂きました。

チキンのフォカッチャ

定刻より早く、成田空港に到着。

A380型の良さが凝縮された今回のANAのハワイ路線。

非常にオススメです。





関連記事

おすすめ記事

  1. JALの2021年10月の国内線ファーストクラスの機内食は、「平戸城キャッスルステイ懐柔櫓…
  2. ANAは10月1日より、特別機内食と呼ばれる低糖質(DBML)、低脂肪(LFML)、低カロ…
  3. JALの2021年9月の国内線ファーストクラスの機内食は、「皆美館 佐藤治秀氏」プロデュー…

取材及びプレスリリースについて

プライバシーポリシー

月間アーカイブ

カテゴリ

ページ上部へ戻る